建設会社が提案する土地活用の事例の特色

建設会社の事業内容には、ビルやマンションなどの建物を建築するだけではなくて、土地活用についての様々な提案を行うこともあります。特に土地を所有している企業や個人がその資産を活用する場合には、最適な活用のためのノウハウが必要であるので、建設会社ではそのノウハウと建物の建築をセットにした提案を行っているのです。また実際に土地活用をする場合には、その立地条件や面積、あるいは実際に土地活用をする場合の期間なども様々であるので、個別の案件について最も適したアドバイスをしているのです。たとえば個人が所有している土地の場合には比較的小さな面積の場合が多いので、アパート建設による資産運用という形での提案を行うケースが多いのです。もちろん農地の場合には面積が広い場合もありますが、そのような場合には駐車場なども十分に確保した、ゆとりのある土地活用のプランを提案することも出来るのです。

また実際に資産運用目的でアパート建設をする場合には、満室を目指して収益性を高めることも重要ですが、建設会社ではオール電化のアパートにするなど入居者に人気のあるプランを提案することが出来るのです。また企業の遊休地の中には、駅前の便利なロケーションで面積の広い土地のケースも数多くあります。そこで建設会社では駅前の好立地と言う条件を活かして、マンション建設という形での土地開発の提案をする場合もあるのです。特に面積が広い場合には大規模開発をすることも可能であり、高級賃貸マンションにすることで、高い賃料収入を得ることも可能になるのです。また一方で企業の保有している土地の中には、駅から離れているエリアであっても、交通量の多い主要道路沿いのケースも数多くあります。そのような土地の場合には交通量の多さを活かして、ロードサイドタイプの店舗としての活用も魅力的だと言えます。特にスーパーやアパレルショップのような専門店の中には、賃料が割安で集客力が見込めるロードサイドへの出店を検討中のケースも多いので、土地活用のプランの中では最も魅力的なもののひとつと言えるのです。また高齢化社会を迎える中で、土地活用の中にも時代に即したプランが数多くあるのです。

その中には老人ホームなどのような福祉施設の建設もあり、建設会社ではこれまでの経験を活かしながら最適なプランを示すことが出来るのです。その中には施設の設計施工以外にも、収益の計算などのアドバイスもあるのです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*